2005年12月26日

ロンドン到着-噂の入国審査

シェレメチボと比べてヒースローは明るい空港でした。
入国審査の部屋も広くて明るく。
ただし、審査官がずらっと10人くらい勢揃い。
そこでみっちり絞られ続ける外国人。。。
意地の悪そうな人もいれば、適当な人もいて、
どこに呼ばれるかで時間がかかるかどうかが決まりそうでした。

僕が先に呼ばれ、機上の隣人もすぐに呼ばれました。

僕は
帰りのチケット、入学証明書、トラベラーズチェック、貯金証明
これを無言で提出。
すると、係官も無言で6ヶ月の学生ビザのスタンプをドンっと。
なんと一言も喋らず、通過しました。

通過後、少し待っていると、彼女はどうやら詰まっている模様。
後で話を聞くと、帰りのチケットと間違えて、
次に乗る飛行機のチケットを出してしまったということ。。
かなりの時間をとられました。

そして、僕は地下鉄でVictoriaへ。
彼女はバスでガトウィックへ。

旅の始まりの不安が彼女のおかげで紛らわす事ができました。
感謝。

Victoriaに着いて、駅の大きさに驚き。
そして、地上に出ても、複雑な道に迷って同じ所をぐるぐると。。
夜に来るべきじゃなかったなと思いつつもなんとかホテルに到着。

明日どんな顔をしてホームステイ先に行こうか、
考えながら眠りにつきました。

london01.jpg


posted by shinr at 00:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。