2006年06月07日

エニアグラム

エニアグラムとは

 エニアグラムは個人の特性を9つのタイプに分類します。「エニアグラム」という言葉は、ギリシャ語で「9」の意味を持つ「エネア」と「図」の意味を持つ「グラム」の合成語で「9つの点を持った図」を意味します。人間には9つの性格タイプがありすべての人はそのうちの一つに当てはまると言われております。その歴史は古く、およそ2000年前のアフガニスタン地方で生まれ、イスラム教スーフィー派へと受け継がれます。ここでは、エニアグラムは門外不出の秘法とされ、指導者からその弟子へと代々伝えられていきました。

 エニアグラムを学んでいくと、本質に目を向けて現実を100%受け入れられるようになり、心に自由が生まれます。自分を受け入れると、自分の囚われから開放されます。

 自分を理解することで、他人を理解することができるようになります。そして相手を受け入れることで相手を尊重できるようになり、お互いを活かし合う調和が生まれます。

 9つの性格タイプには、どれが優れており、どれが劣っている、という優劣はありません。 大切なのは、自分を知り、「より良い自分」になることです。性格があなたを支配するのではなく、エネルギーの源泉、エネルギーの流れを知ることで価値を見つけていくことができるのです。

・エニアグラムは人にラベルを貼って納得するものではありません。

・目的はまず自分を知ることです。心や気持ちの仕組み・感情の出方、考え方や言動、行動の傾向を捉えましょう。

・自分が判り周囲の人のタイプを理解するとよりスムーズなコミュニケーションになります。


個人の特性を明確に示す心の航海図
それがエニアグラムです。

さて、診断はコチラで

http://shining.main.jp/eniatest.html

firefoxではうまく動かなかったので
IEに変えて、診断。。。


結果

http://shining.main.jp/enia6.html

6番でした。


抜粋すると、、

エニアグラムタイプ6番の問題点

何か問題が起きないか、失敗していないかなどの不安に駆られている。
不安に襲われているので決断力が乏しくなる。
頼れる人を探して依存してしまう。
人を基本的に信じるというより疑ってかかるほうが多い。
攻撃的な態度で相手に出られたら受け止めることができなくて逃避的になる。
人に見捨てられたりしないかとか余計なところにエネルギーを使う。
規則やルールに縛られる為、型破りな大胆な発想で行動するのが苦手。
変化に対応するのが苦手で既存のルールを遵守し、防衛的になる。
迎合的と反抗的の中を行ったり来たりしてしまいスピードが遅れる。
自分の責任が増えることを回避してしまう。
組織を規則で縛り支配し、自分の考えに忠実でないメンバーを排除する。
常に自分の『安全』が脅かされていると感じているので、過度に用心深く、疑念を抱きやすい。『安全』を過度に守ろうとすると自分で決断したり行動したりできなくなります。

エニアグラムタイプ6番のアドバイス

自分の不安の根源をよく分析してみましょう。



不安の種。。。
蒔いてるのは自分で育てているのも自分で食べているのも自分ということか(笑)

歳を取れば治る・・はず・・
 
 
 


posted by shinr at 00:58| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!当サイトの診断ページをリンクいただきましてありがとうございます。これを機に今後ともよろしくお願いします。Shin様のこれからのますますのご活躍をお祈り申し上げます。ブログもやってますのでのぞきにきてください。では。
Posted by shining at 2006年06月07日 06:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。