2006年12月27日

アエロフロート、モスクワ、そして帰国

■2005年1月11日(火)

飛行機は夜出発。

この日の昼は、語学学校仲間と昼食。
リージェントストリート近くの韓国料理店でみんなとお別れです。

そして、晩ご飯は良く入ったピカデリーサーカスの中華料理屋さん。
いつもは無愛想な店員が、この日はなぜか愛想良く
すぐにお茶も入れてくれて特別な感じでした。

食後、ユンハの家に戻り荷物を取ってヒースローへ。
空港までユンハも付いてきてくれました。

空港に向かうチューブの中で
国に帰りたくないという日本人と
国へ帰りたいという韓国人

会話を聞いていた周りの人は?と思ったかもしれません。


そして、ヒースローでお別れ。


最後は、淋しい、お別れでした。



さて、ここから日本へはすぐかと思いきや。
モスクワで乗り換え待ちを14時間する予定で
戦々恐々のトランジットタイムが始まります。


■2005年1月12日(水)

飛行機はヒースローを1時間遅れで飛び立ち
そのままモスクワに降り立ちました。

そして、空港のトランジットエリアで14時間。。。

ロンドン−モスクワ間のアエロフロートは一日二便
スムーズに乗り継げる便はあるのですが、
その便は満席でこの14時間コースとなったのでした。

免税店は見飽きるくらい見て、狭いトランジットエリアも全部見て。
お金もないので、ほとんど食事も取らず、、、

14時間ホームレスの気分でした。


そして、日本行きの飛行機が来る時間帯から周りに日本人が増え始めます。
無事、飛行機に乗り込むと。。。

なんとほぼ満席にもかかわらず、隣は空席。
500分の2くらいの確率で、横になってずっと眠りました。


■2005年1月13日(木)

そして起きた時、窓からはちょうど富士山が。

DSCF2475.JPG


成田には少し送れて到着。
みどりの窓口の人と談笑して、昼行の大阪行き高速バスのチケットを買い

夜には大阪に到着。

ロンドンみたいにナイトバスもなく
地下鉄で無事家までたどりつき、巡礼から始まる長い旅を終わりました。
 
 
 


posted by shinr at 21:43| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モロッコ後(スペイン旅行その2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今始めて、この旅が2005年の出来事であることを知りました。(ちょっと考えたらそらそうか。いや、shinrのポテンシャルは未知やからなってことにしといてくれ)

帰ってきたshinrには、この後、数々のすばらしい出会いが待っているわけだ(笑)
Posted by hopkins at 2006年12月29日 17:34
そうそうマテ02に入り、hopkinsらと。。。。

って自分で言うな、オイ!w


ちょうど2年前やねんな〜
ってか、まだ2年しか経ってないのが個人的には意外に感じる今日この頃。
Posted by shinr at 2006年12月30日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。