2005年05月30日

サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルザダ

Sto Domingo de la Calzadaは奇跡が起こった街と信じられています。
家族で巡礼中、無実の罪で捕まった青年が吊されました。
両親は悲しみに暮れそのまま巡礼を続け、
無事サンチアゴまでたどり着きました。
そして、その帰り、両親がこの街を通ると青年はまだ生きて居たそうです。
それを食事中だった裁判官に伝えたところ、
「青年が生きているなんて、このチキンが息を吹き返して鳴くようなものだ」
と答えました。
すると、突然裁判官の皿の上にあったチキンが起きあがり鳴きだしたのです。
青年は無事家族の元に帰り、そのまま帰途についたそうです。

そういう言われもあって、この街のカテドラルには鳥小屋があります。
、、、ミサの時に鳴きだしたらどうするんだろう。。。


アルベルゲ。この町には二件のアルベルゲをみつけ、その二件目。
とても設備の整ったアルベルゲでした。
でもこの建物、1831年建造なんですね。
sto-domingo1.JPG


っぽくないけど役場
sto-domingo2.JPG


細かい仕事
sto-domingo3.JPG


気持ちのいい夕暮れ
sto-domingo4.JPG


カテドラル
sto-domingo5.JPG


同じアルベルゲに泊まっていた若いグループが居ました。
そのなかのアメリカ人といつのまにかルーチョが漫才していたおかげで
この日の晩ご飯はそのグループや色々な人を交えてバルで食事をすることに。
いろんな国の人が集まって食事ができるのはこの巡礼の醍醐味です。

盛り上がりすぎて、アルベルゲに帰ってきたときには門限ぎりぎりでした。。



<<前のページ  次のページ>>


posted by shinr at 19:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Camino de Santiago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。