2005年09月16日

最高に楽しい夜

この日たどり着いたのはVillar de Mazarife
迷ってくる巡礼者がかなり多いのか、実はこちらが本物のカミーノなのか
アルベルゲが三軒もありました。

そしてアルベルゲについて早々、地元の青年に戦いを挑まれました。
ブルースリーは日本人じゃないよ。。。
そしてアルベルゲには良く見た顔が。
なんとアンヘル達もこっちのルートを通っていました。


晩ご飯どうしようと言うことでしたが、日曜日でもあり、バルで食べるか、、、
と話していると、アルベルゲのオスピタレイロが
「今日はお店が休みだからこの食材を使いなさい」
とパスタやらジャガイモやらたくさんの食料を持ってきてくれました。

そして、ニュージーランドからきたバッドとイギリス人のウィルがワインを調達。
ルーチョが「サバイバルの知恵」と称する料理を披露。
めっちゃ少ない油で「パタタ フリータス」(フライドポテト)を調理しました。
また、なぜか台所にあったお米を使ってお米を炊いてくれ
「これはシンが全部食べること」と大量の米を渡されました・・・

あとは宴会。
イギリス人二人、アメリカ人一人、イギリスの大学に通うスペイン人一人、ニュージーランド人一人とアルゼンチンのルーチョ、ブラジルのエンリケ、そして僕。
かなり英語が優勢でエンリケが寂しそうにしていたものの、一気にみんなうち解けあい
これまでの面白い話を続けました。
その後、自分の国の歌を歌うことに
僕は島唄と上を向いて歩こうを歌いました。
圧巻だったのはニュージーランドのバッド
ルーチョに「ラグビーのあれやってよ」と言われ
オールブラックスが試合前にやるマオリの出陣の踊りをやってくれました。


Villar-de-Mazarife02.JPG
食後みんなでお片づけ。。。


<<前のページ  次のページ>>


posted by shinr at 20:04| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Camino de Santiago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関係ないけど、誕生日おめでとう!!
良い一日をお過ごしください!!
Posted by zono at 2005年09月17日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。