2005年09月18日

Astorgaへの道

2004年10月25日(月)

ルーチョ、エンリケはゆっくり出るということで、僕はドイツ人のカタリナと出発することにしました。
どうやら日本人に興味があったらしく質問攻め・・・
教育のこととか聞かれても答えようがなく、ひたすら困っていました。

道は平坦。
ずっと先に風力発電の風車が見えたりしていました。

次の街のバルで待ち合わせの予定が、次の街のバルは少し道から外れたところにあり
先に進むことに。

スペインの国産車「SEAT」セアトの工場を横目にお昼頃、ようやく地図に書いてあるカミーノに戻ることが出来ました。

ここでとても遅い朝ご飯を取ってルーチョ、エンリケを待つことにしました。


Puente-de-Orbigo.JPG
この橋の手前で待つ


カタリナは一緒に少し待ったものの、先に行くと言って歩いて行きました。
待っているうちに、昨日の面々と出会ったり、
お腹が痛かった時に会った双子のブライアンとマイケルが
ミとマというニックネームの二人と歩いていったり、
フランス人のクローレッドとマリーアンドレに抜かされたりしていました。

そして、1時間半くらい待っていて、そろそろタイムリミットかなと思っていた矢先
二人が到着!
ようやく出発となりました。


Santibanez01.JPG
羊の群れ


Santibanez02.JPG
クローレッドが羊の群れを見学中


Santibanez03.JPG
巡礼者に注意の看板


Santibanez04.JPG
やっぱり羊


Santibanez05.JPG
ガソリンスタンドで休憩させてもらう


ここまで来たところで疲労困憊
すでに30キロは歩いているだろうと思われました。
そして、天気も悪い方向に向かっているんじゃないかと思えるような曇り空でした。


Crucero-de-S-Toribio01.JPG
ウィル達に追いつく


Crucero-de-S-Toribio02.JPG
十字架


Crucero-de-S-Toribio03.JPG
アストルガの街が見える
あと少しだ


San-Justo-de-la-Vega.JPG
目的地は近いが足取りは重い


Astorga01.JPG
ようやくアストルガに到着



<<前のページ  次のページ>>


posted by shinr at 09:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Camino de Santiago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。