2005年09月29日

メリデと蛸女

2004年11月2日(火)

この数日、歩くスピードが遅かったせいもあって全く洗濯が出来ませんでした。
と、いうことでこの日は一人で次の街に進むことにして、洗濯を済ますことに。

Gonzar03.jpg
朝、空が真っ赤だった


Gonzar04.jpg
光りの様子が変わる


Gonzar05.jpg
朝靄の中歩く巡礼者達


一人で歩いていたと言うことで猛スピード
しかし、途中でアンヘルとホアンに抜かされました。
彼らは本当に速い。
途中の村でゆっくりしてるみたいなので到着は遅くなるのですが、
それでも走っているようなスピードで駆け抜けていきます。


coto01.jpg
道案内にサンチアゴの文字が


coto02.jpg
リス発見!


Melide01.jpg
黄色い矢印を埋めちゃった家


到着して洗濯をしていたら、おばさん二人がよってきました。
スペイン語で話しかけられていたので適当に
「Si Si」(Si:Yesという意味)
と答えていると、勝手に洗濯物を入れられました。。。。
においが移りそうで嫌でした。

そして、ルーチョらも到着。
すると、「日本人がいるよ」
というじゃないですか。
えーー!!と思いながらブラブラしていると
この旅第4の日本人発見
ワカコさんという方でイギリスに留学していた後こちらに来たそう。
めちゃめちゃ荷物が多いので、一日5キロとか10キロとずつしか歩いていなくて
アルベルゲの人に叱咤激励されながら進んでいると言うことでした。


すこしワカコと話した後、食事へ。。
サリアでエンリケの親戚達と夕食を食べたとき、見知らぬスペイン人女性がついてきていました。
彼女の前に座ったのがエンリケで、なんと彼はそのときほとんどプルポを食べることが出来なかったそう。
そしてこの日も彼女が居て一緒に夕食を食べることに。。。
幸い、アンヘルらのグループもいて、



Melide02.jpg
蛸女に邪魔されず堪能



<<前のページ  次のページ>>


posted by shinr at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Camino de Santiago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。