2005年10月01日

Santiago de Compostela

2004年11月4日(木)

最終日
この日も晴れてくれよと祈りながら出発

Sta-Irene02.jpg
朝靄がかかっていた


San-Anton01.jpg
高床倉庫の中


San-Anton02.jpg
並んで歩く姿も今日で最後


San-Anton03.jpg
メアリーとキアラ


San-paio01.jpg
道はあまり良くないがどんどん進んでいく


San-Paio02.jpg
サンティアゴの空港近く
飛行機に注意


San-Paio03.jpg
牧歌的


Monte-del-Gozo01.jpg
Monte del Gozo

ずっと歩いてきて
このモンテ・デル・ゴソから初めてサンティアゴのカテドラルが見えます。


Monte-del-Gozo02.jpg
三本の塔があるのがカテドラル


Monte-del-Gozo03.jpg
あれがカテドラルだ


Santiago-de-Compostela01.jpg
サンティアゴの街に入る


サンティアゴの街に入るとともにすこしウルウルしはじめてしまいました。
しかし、、、道に迷ってしまって感動どころではなく涙はひいていきました。


Santiago-de-Compostela02.jpg
古い建物


Santiago-de-Compostela03.jpg
カテドラルに到着


ここでマルガの旦那さんと初対面


Santiago-de-Compostela04.jpg
バラを一輪


すごく自然で、とても格好良かった。

すぐにカテドラルに入ります。
カテドラルに入ってまず始め、聖ヤコブ像がある祭壇の裏に上ることが出来ます。

Santiago-de-Compostela05.jpg
そこからの眺め


Santiago-de-Compostela06.jpg
聖ヤコブの真裏まで上る


Santiago-de-Compostela07.jpg
マントにキスを


Santiago-de-Compostela08.jpg
カテドラルの正面とフメイロが見える


Santiago-de-Compostela09.jpg
みんな並んで抱きしめてゆく


Santiago-de-Compostela10.jpg
そして地下に入りお墓へ


Santiago-de-Compostela11.jpg
ここが到着地みんな泣いている


Santiago-de-Compostela12.jpg
正面からヤコブ像を


Santiago-de-Compostela13.jpg
栄光の門にあるヤコブ像の足下に跪く

Portico de la Gloria
ここでは多くの巡礼者達が右手をかけてこのように跪いてきました。
そして、この柱にはその右手の跡がしっかりと残っているのです。

4人共跪いた後、感極まって号泣。
訳も分からず、とにかく到着したという感動と
750キロを歩ききったという感動が合わさって涙。
泣いた後、まわりの観光客から不思議な目で見られながら
4人で泣いてしまったことを笑っていました。


Santiago-de-Compostela14.jpg
外に出て正面を見上げる


Santiago-de-Compostela16.jpg
王宮


Santiago-de-Compostela17.jpg
正面入り口にも聖ヤコブ


Santiago-de-Compostela18.jpg
遠目から


その後、おいしいトルティーリャの店があるとマルガの旦那さんに言われ
連れて行ってもらうことになりました。

駐車場に行くと、、車の中にバラの花束が。。。
一本だけではなかったのですね。


Santiago-de-Compostela19.jpg
旦那さんの運転は荒い


サンティアゴから少し行ったところにある
トルティーリャのお店で乾杯!
おいしいからと言って旦那さんは大量に注文し始めました。
このお店、スペイン皇太子も来るくらいの美味しいお店なので
とうぜんトルティーリャはいままでどんなバルで食べてきたものよりも美味しいものでした。
しかし、注文しすぎ。。。
残しては悪いと思って、ルーチョとエンリケと僕で必死になって食べ続けました。


Santiago-de-Compostela20.jpg
サンティアゴに戻って巡礼の仲間に会い続ける


Santiago-de-Compostela21.jpg
巡礼事務所で


ここで巡礼証明書をもらってアルベルゲへ
このときもマルガの旦那さんに送ってもらいました。
この入り口の所でマルガとはお別れ。
もう一生会えないだろうなと思いながら、分かれました。

着いてから、飲みに出ようぜと誘われるも
腹痛が酷くて断念。
せっかくみんなと居れる最後の夜なのに、自分の体を恨みました。
ずっと感じていなかった風邪が今になって出てきたようで
かなりの高熱にうなされ、横になっていました。
途中起きてトイレに駆け込み、楽になったところで就寝

Santiago-de-Compostela22.jpg
1ヶ月歩いた靴とザック


翌朝この写真を撮った後、巡礼の象徴である貝殻をはずしました。



<<前のページ  次のページ>>


posted by shinr at 16:02| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | Camino de Santiago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。10月中旬から巡礼の道に挑戦しようと思っています。女なので、不安な面がいっぱいあるのですが・・歩かれた時期も似ていたので、情報を教わりたいです!

秋だから巡礼者が少ないと聞いたのですが、各々のアルベルゲにはどれくらい人がいましたか。

パンプローナから歩こうかと思っているのですが、宿の場所がわからず、行ってからどうにかしようと思っているのですが、もし泊まった場所を覚えていらっしゃたら教えてください!

突然色々聞いてしまってすみません。
Posted by にゃお at 2005年10月01日 20:30
はじめまして。10月中旬と言うことは、、もうすぐですね♪僕ももう一回行きたいくらいなので羨ましいです。

時期も時期なのでベッドがない!と言うことはないと思います。去年はjacobio2004のために特別人が多かったのでぎりぎでベッドがあったと言うことが二回ありました。ですが、それも10月始めにスタートした人の話。今年は歩いている人はかなり少ないはずですし、歩く時期もちょうど寒くなる頃なので大丈夫だと思います。

パンプローナでは公営アルベルゲに泊まりました。はっきり言って街は超複雑です。通りの名前を確認しながら行っても迷うかも。。。
とりあえずバスターミナルに着いてから観光案内所まで行くのがイイかも。で街の地図をもらうとそれに載っていたと思います。観光案内所では英語は通じるのでアルベルゲはどこ?って聞いてもらうとちゃんと教えてくれるはずです。
アルベルゲの場所はナバーラ美術館の南東あたり。地球の歩き方でもナバーラ美術館は載っていたので参考になりますよ。

迷ったら絶対町の人に聞いてくださいね。地図を見せて聞けば親切に教えてくれます!
最初は一人で心細いかもしれませんが、楽しんで来てください♪

他に分からないこと、聞きたいことがあればなんでも聞いてくださいねー!
Posted by shinr at 2005年10月01日 23:12
ありがとうございます!!
明日からイタリアに旅立つので、もっと早く聞いておけばよかった・・
治安の面で怖いと思ったことはありましたか。
そこのアルベルゲで巡礼証明書は貰えるのでしょうか。
希望と不安と半々ですが、できるとこまでやってみます!!
ぎりぎりまで色々聞いてしまうと思いますが、よろしくお願いしますね☆
Posted by nyao at 2005年10月02日 17:42
クレデンシャルのことですね?
どこでももらえたはずです♪

治安の面での不安はほとんどありませんでした。
充電器を差しっぱなしにしたりは平気でしてましたし、田舎の方ではバルの外にザックを置いて食事をしていたりしました。
ですが、都会にはいると建物が密集してることもあってすこし怖さは感じました。

アルベルゲでは無料のパソコンの整備が進んでますので、また巡礼中でも色々聞いてくださいね。
Posted by shinr at 2005年10月03日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

祈り
Excerpt: 集会案内 携帯でもリンクシェア 叔父さんの死 Santiago de Compostela 拝啓 彦星さま 贈る言葉 久々の更新です ショップ「銘酒しらい屋」から [ラグビー]プレビュー法政大学vs中..
Weblog: 祈り
Tracked: 2005-10-01 17:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。