2005年10月09日

ア・コルーニャ

2004年11月7日(日)

帰国予定日は11月16日の昼、フランスのCDGからでした。
15日にはパリに居ることにして、すると14日の夜行バスが電車でパリまで行かなければならない計算をしました。
行きたい所をピックアップしたところ
「ア・コルーニャ」海辺の街
「レオン」カテドラルをもう一度みたい
「オビエド」山奥の小さな教会を見たい
「マドリッド」首都だし一応押さえておく
「セゴビア」水道橋を見たい
「クエンカ」宙吊りの家を見たい
「トレド」有名な旧市街を見たい
「バルセロナ」グエル公園に行きたい
「グラナダ」アルハンブラ宮殿に行きたい
などなど、、、
ゆっくりと考えた結果
サンティアゴを起点にア・コルーニャを日帰り
翌日レオンまで電車で移動。カテドラルを見て一泊
その次の日の夕方にオビエドに移動して一泊
オビエドを観光してレオンまで戻ってすぐにマドリッド行きの夜行に乗る。
マドリッドで宿を探して、後のことはそれから考える。
ことにしました。


Santiago-de-compostela55.jpg
朝のサンティアゴ駅


Santiago-de-compostela56.jpg
駅の窓口。ここで切符を買う。


Santiago-de-compostela57.jpg
車内。全然綺麗。フランスの国鉄よりも綺麗だ。


アコルーニャについて路線バスを待ちました。。。。
が、来ない。
パンプローナでもバスを逃したように、相変わらずバス運は悪く、仕方がないので歩きました。
歩いているとバスターミナルに到着。
野性的なカンが身に付いたようでした。

A-corun~a01.jpg
アコルーニャの港

白い建物が建ち並んで、完全なリゾート地でした。
史跡の砦に向かいます。

A-corun~a02.jpg
砦の一角


A-corun~a03.jpg
砦から湾を見る


A-corun~a04.jpg
砦の貯水槽


この砦、堤防の先にあって包囲されたりなんかすると水の確保に苦労するようです。
そのために、砦に落ちるすべての雨水を貯水槽に流すシステムになっており、
かなり広い貯水槽を持っていました。


海沿いをずっと歩いてエルクレスの塔に向かいます。


A-corun~a05.jpg
オブジェ



A-corun~a06.jpg
Torros de Hercules



posted by shinr at 18:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カミーノ後(スペイン旅行その1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。