2006年04月27日

イブ

■2004年12月24日(金)

この日はクリスマスイブ


060427london01.jpg
友達とピカデリーサーカスへ


060427london02.jpg
Mr.インクレディブルの電飾


060427london03.jpg
地下鉄


本格的に地下鉄、バスの本数が減り始め
クリスマスモードに。

この季節に観光しにくる人は大変です。


帰宅すると、ホストファザーの両親が家に来られていました。
ホストファザーはとても明るい人なのですが、
さすがにその両親だけあって良くしゃべること・・・
1時間くらい日本とイギリスの年金制度についておじいさんと話していました。
ほとんど理解してなかったのに、、、
最後はマークが助けに来てくれ、お開き。

僕が寝た後も、親子でずっとお酒を飲みながら喋っていたようでした。


posted by shinr at 17:37| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

帰り道

一番近くの駅まで行くためにミレニアムブリッジを渡ります。
St.Paul寺院もライトアップされてとても綺麗でした。

06040401mb.jpg
ミレニアムブリッジとセントポール寺院


06040402mb.jpg
やっぱりガーキンも見える


06040403mb.jpg
ミレニアムブリッジ


帰りも平和に。。。
夕食は楽しい夕食でした。
posted by shinr at 00:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

テートモダン

国会議事堂からテムズ川沿いを歩きます。
以前通った道でしたが、この日は大道芸人もたくさん出ておりにぎやかでした。
他のクラスの生徒と話をしたりしながらテートモダンまで。

06040401tatemodern.jpg

Social Programはここまでで、後は自由に美術館を見るなりとのことで
アダムと分かれました。
今日来ている人の中にはあまり仲のいい人もいなかったので
少しだけ中を覗いて帰ることに。

06040402tatemodern.jpg
昔発電所だっただけあって広い


06040404tatemodern.jpg
ここにはタービンが置いてあったのだろうか


06040403tatemodern.jpg
その広間を見ることの出来る窓


06040405tatemodern.jpg
広間側からみるとこうなっている
posted by shinr at 00:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

国会議事堂

■2004年12月23日(木)

いつも通り午前中の授業を終えてSocial Programへ
今日はアダムが案内人です。
まず初めに訪れたのは
the Palace of Westminster、イギリスの国会議事堂
ビッグベンがある時計塔がある場所です。


昨日とはうってかわって、今日は参加者が多く
僕は後ろの方でついて回っていました。
そういうことで、アダムが説明した中で覚えていたのは
ビッグベンというのはタワーの名前じゃなくて鐘の名前だよ
ということ。
雑学でした。

06040201pw.jpg
車の入り口


06040202pw.jpg
清教徒革命のクロムウェル


06040203pw.jpg
この季節、どこにでも電飾がなされている


06040204pw.jpg
車の底を見ることができるようになっている
警備は厳重

posted by shinr at 23:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

自然史博物館

■2004年12月20日(火)

クリスマスコースに入ってから風邪が悪化
このコースではほぼ毎日SocialProgramがあったのですが、
この日は行かず。
家に帰ってお休みです。

クラスメイトは徐々に覚えつつ。。。
日本人のユキとフランス人のシャルロット
フィリップがユキの事を
「映画に出てる日本人俳優に似ている」
と。
僕が、
「俳優?」
と問い返すと
「うん俳優(笑)」
と笑っていました。
有名なボクシング映画に出ている俳優らしいですよ。。。

■2004年12月22日(水)

少し回復。
この日のSocialProgramは自然史博物館へ
みんな興味がなかったのか、なんと先生と二人きり。
先生が話すときにものすごく顔が近いのでたまに怪訝な顔をしていたかも。。

ただ、英語の勉強としてはこれほど効率的な物はなく
2時間ほど先生とデートしてました。
途中
「骨が好きだ」
と少ない語彙の中で化石の事を意味して言ったら
「ここに骨が、ココにもあるよ」
と鯨とか馬とか鳥とかの骨があるたびに説明してくれました。


nhmuseum.JPG
入り口の恐竜
posted by shinr at 13:27| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

クリスマスコースの始まり

2004年12月20日(月)

前日に日記を書かないと言いつつこの日も書いていました。
学校は特別クラスが始まり、
今日からVictoria校ではなく、Gloucester校
クラスメイトも総入れ替えです。

今回のクラスはなんと7人中5人が日本人。。。
多すぎて名前を覚えられず(笑)
とりあえず同じグループになったフィリップとカリンだけ記憶しました。


お昼はユンハとランチ。
中華街で安いお店を教えてもらいました。
「このお店は二つのことで有名なんだ。
一つはとても安いこと
もう一つはサービスが最悪なこと」

味は特にまずくもなく
値段が£3もせず
満腹になるお店でした。

その後、ジャパンセンターへ
目的は携帯を借りることです。
一日£1(通話料別)で借りることが出来るということを友達から聞いていました。
ただ、端末を買ってもそんなに高いわけでもないのでほかのお店を色々見て回り
歩き回った末、あと2週間だけなら借りた方が安いという結論に達し
借りることにしました。

そして出てきた端末は、、、

keitai0326.jpg
なんと新型

自動車電話なみの携帯が出てくるかと心配していたのですが
とてもラッキーでした。

ジャパンセンターは日本人が店員をしていて
少し懐かしい感じ。
でもユンハを日本人と勘違いしていて、日本語で話しかけていました。


ユンハと別れ、家に帰り
友達に携帯の番号を知らせるため電話。
ついでにユンハが怒っていたかどうかをミヨに相談すると
怒っていないと言うことを言ってから
「シンの事が好きなんだよ」

おいおい。
男同士。。。
posted by shinr at 00:32| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

観覧車

さすが晴れ男というべきか、こういう日に限ってきっちり晴れでした。
この日は冬のロンドンとは思えないくらいの快晴
観覧車日和でした。

乗ったのはBritish Airways London Eyeという観覧車
ここも2000年に作られたそうです。

少し並んでチケットを購入
£11.5(2300円くらい)

londoneyeticket01.jpg
チケット

londoneyeticket02.jpg
この時間帯に乗ることに決まっている

少し待ってから搭乗

londoneye06031601.jpg
観覧車はテムズ川の上にある


londoneye06031602.jpg
テムズ川の南
フランス行きの列車が出るWaterLoo駅


londoneye06031603.jpg
頂点付近
時計塔とその先が見える


londoneye06031604.jpg
Gherkinが!


londoneye06031605.jpg
観覧車の西側

30分の遊覧はすぐに終わり
でも最高の景色で
十分元を取った気分でした。


降りてからユンハと合流
ユンハの家がエレファント&キャッスルにあるからおいでよ
という事になり家まで行きました。

家で少し話して
ご飯も食べていったら?と言われましたが、固辞。
日記に書いていた悪いことをしたというのはきっとこのことだったのでしょう。

別に何かあるわけでもないから食べていけばよかったのに
微妙な空気のまま別れました。
posted by shinr at 20:41| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

憂鬱な日曜日?

2004年12月19日(日)

この日は何をしていたんだろうか、、、

日記にこう書いてある

・ユンハには悪いことをしてしまった
・日記を書くことを辞めよう
・昨日茶柱が立っていたのに、悪いことばかり起こる

よっぽど嫌なことが起こったらしい。。


yellowroom06031601.jpg
ステイ先-部屋の入り口

yellowroom06031602.jpg
ステイ先-クローゼットとテレビ

yellowroom.jpg
ステイ先-窓と机とラジオとベッド


でもこの日はBA London Eyeに乗ってきた日。
天気もロンドンとは思えなく晴れて、良い日だった、、はず。
posted by shinr at 23:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

MAMMA MIA!

060312trafalgersqu.jpg

2004年12月18日(土)

ミュージカルに行く前にNational MuseumでRaphaelのExhivisionを見に行きました。
シナンシーが土曜の午前中に行ったらよかったと言っていたのでその土曜の午前中に。

ラファエルの絵の他にダビンチの絵(メモ?)が飾ってあって、ラファエルよりもそっちの方が楽しく、見慣れた茶色いダビンチの絵をじっくり見てきました。


トラファルガー広場も閑散と、、

060312trafalgersqu2.jpg
青空も見える


060312trafalgersqu3.jpg
警察が目立つ


060312trafalgersqu4.jpg
みんな観光客っぽく見えてくる


060312trafalgersqu5.jpg
便乗撮影


060312trafalgersqu6.jpg
衛兵

衛兵を見に行った帰り、メイスとそのお兄さんに遭遇
ロンドンにさよならを言いに来たらしく。
二人とももうすぐシリアに帰るそうで、もう二度と戻って来られないかもと言っていたのが印象的でした。


mia.jpg

そして劇場へ
マンマミアを観劇
座席は前から六列目くらいのめっちゃ見やすい座席

ただ英語は半分くらいしかわからず。。。
いまいち話の流れが微妙でしたが、そこは想像でカバー
なぜか感激してしまいました。

帰り、日本料理店で、、

060312tyabashira.jpg
茶柱!

ロンドンで茶柱。
思わぬ偶然でした。


そのおかげか、帰り道に連れの一人が雨で滑って転けました。。。
posted by shinr at 21:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

Quiz

2004年12月17日(金)

週の初めに先生が言っていたQuiz
クイズって何?って思ってたら、本当にクイズでした。
クラスごとにチームを作らされ
僕たちのクラスは"Chris's Lions"と名前を付け参戦

気になるクイズの内容は
世界地理や文学、美術からロンドン地下鉄まで
問題の種類を選んで、その問題について解答するというもの

例えば世界地理ではA4一枚の紙に
・世界で三番目に人口が多い国は?
・世界で二番目に高い山は?
など嫌らしい問題が

ロンドン地下鉄では
・Harry Beckが作った画期的な物は?
・tube stationの中で一番多くの路線が走っているのは?

などなど

ちなみにChris's Lionsの戦績は最下位でした。

・・・だって半分以上帰省して5人だったし


授業後、打ち上げもかねてみんなでVictoria駅のピザバイキングへ

その後、明日のミュージカルチケットを購入
£49でした。
チケット売ってるおじさんは「高いけどイイ席だよ」と。
確かに高いけど、日本で見ても同じくらいの値段がはするし。
と納得して買いました。
posted by shinr at 15:09| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

クリスマスお別れ会

とある日本人留学生のお別れ会ということでTower Hill駅で待ち合わせと決めていました。

行ってみるとスゴイ数の人
いろいろな人を紹介してもらっているうちに友達がどんどん増加。
一番仲良くなったのは同い年の韓国人ユンハ
大学の話とかをしながらみんなを待ちました。

行った先はいい感じのレストラン
お値段も少し高め

060218party01.jpg
出てきたワイン

わいわい食事をしながら
周りの人に少し白い目で見られながら。。

食事後は学校主催のChristmas Tipple on the Riverへ

060218party02.jpg
移動中の様子

駆け込み乗車で滑り込んできたおじさん(酔っぱらい)に拍手をしたり
大声で歌ったりの騒ぎよう
まぁでも乗客が他にいないのでOK

060218party03.jpg
観覧車 London eye も光っている


060218party04.jpg
船上パーティー


060218party05.jpg
ちょっとしたクラブになっている

060218party06.jpg
ダンス中


こんな感じで夜は更け、、、
深夜1時頃に帰ろうとなりました。
ちなみにロンドンではナイトバスと呼ばれる終夜バスがかなりの数走っており
少し待てば家に帰れます。

バス停に向かうときは一時間待ちも覚悟していましたが、、
この日はバス停に行くとたまたま家に帰れるバスが止まっており
まったく待たずに家にたどり着きました。。
posted by shinr at 19:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

またまた学校漬けの一週間

060215outside.jpg

学校二週目もほとんど写真を撮らず、、、
実は、この週でクリスマス休暇に入るため、このクラスは今週で最後。

ラストの金曜日はQuizやるよと担任のクリスが宣言していました。
うわはぁ、、テストかよ、と思いつつの一週間でした。

■2004年12月13日(月)

前日に1weekバスパスを買っていたので、バス登校。
少し遅く起きられました。

授業は先週やった犯罪の種類の続きや動名詞。
ちゃんと復習の効果があってなんとか授業についていきました。

授業後バスに乗ってチェルシースタジアムへ。
空席があるかどうか窓口で聞いたところ、今週はsold out
来週も£70の席しか開いておらずやめに。
ネットで他のチームのを探すことにしました。

帰りに前日、カズが言っていたeveningという新聞を購入。
確かにわかりやすい。
これまでFinancial timesを一ページ読むのに2時間かかっていた事に比べると格段の読みやすさ。
ようやく一面以外にも目を通すことが出来るようになりました。

帰宅するとブラジル人カルロス登場。
お金持ちらしく、話し方もネバっこく。。
カズといっしょに「うーん。。。あの話し方は、、、」と。
まだ明るいだけましなのかも。


■2004年12月14日(火)

朝一でカルロスを学校まで連れて行きました。
彼はこれからテストを受けることになるはず。

30分休憩の時にシナンシーにコーヒーをおごってもらう。
さすが社長。。。

そして授業後にミヨにミュージカルを見に行かないか誘われました。
日本人と韓国人で行くらしく、行きたいならチケット取ってくるよと。
ダフ屋かあんたは。

そして隣の席のジウーとは韓国語と日本語ではカバンは同じという話をする。
同じアジア人だとわかりやすくていいという結論に達して休憩終わり。


授業後、ネットでフルハムのチケットをゲット♪
しかし、住所を日本の住所に、、、
このままだと日本にチケットが送られる事になるので
とりあえず住所変更のメールを出しておきました。


■2004年12月15日(水)

担任のクリスはゲーム好き。
この日の授業も単語ゲームやってました。

そして、日本人の友達が増加。
全員ミヨの紹介。。
結構理系が多くて話がはずみました。

■2004年12月16日(木)

朝、シナンシーに会社のバールペンとノートをもらいました。
そして、この日の晩にエミという日本人の留学生のお別れ会があると言われ
参加することに。

夜、みんなと一緒にTower Hillへ地下鉄に乗って行きました。
posted by shinr at 06:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

かぶりつき

Liverpool street station からの帰りはバスに乗ります。

ロンドン名物の二階建てバス
慣れると普通ですが、このバスがカーブを曲がるところを見ると
その機敏さと回転半径の小ささに驚きます。


0602101bus.jpg
二階には誰もおらず、、


0602102bus.jpg
最前列でかぶりつき

最高の眺めです。
二階部分にはカメラが付いていて、
運転手が下からちゃんと見ることができる仕組み。

写真を撮っているところも見られていたかもと思うと、少し恥ずかしいかも。
posted by shinr at 20:19| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

タワーブリッジ

Tower Bridgeです。
ロンドン橋と間違いやすいですが(現に間違えて覚えていた)
ロンドン橋はその隣の橋。

06020701londonbridge.jpg
そんなに大きな橋ではない


06020702belfast.jpg
近くには戦艦ベルファスト号


06020703londonbridge.jpg
タワーブリッジを渡る


06020704londonbridge.jpg
ここが切れ目


06020705londonbridge.jpg
開くのは年に数回らしい


06020706londonbridge.jpg
二つのタワーを結ぶ上部の橋


タワーブリッジを堪能した後、適当なバスに飛び乗りました。
行き先はリバプールストリート駅
なんとなくリバプールという響きだけで乗ってしまっただけあって
全く知らない所に連れて行かれました。


06020707liverpoolstreet.jpg
そのLiverpoor Street station
構内は寒かった。

posted by shinr at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

Gherkin

06020201.jpg
後で分かったことですが、、この建物
Gherkinという愛称


06020202.jpg
手前の教会も素敵

このガーキンはテムズ川の対岸からも一つだけ違う雰囲気を醸し出すビルとして、見えていました。


06020203.jpg
このあたり、モダンなデザインビルがたくさん建っていた


ずっと迷って歩いていましたが、
どうやらcityと呼ばれる所を迷っていたようでした。
分かったとしても歩かないことにはどこにも行けないので歩いていると

06020204.jpg
マーケットが


06020205.jpg
ここにもツリー


06020206.jpg
残念ながらお店は全部閉まっていた
Leadenhall Marketという名前のマーケットらしいのですが
このツリーの数々、まるでお祭りみたいでした。
posted by shinr at 20:15| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

BANK

ミレニアムブリッジを渡り、
セントポール寺院の前にはクリスマスツリーが。

06013001.jpg
このもみの木は中くらいの大きさ。


06013002.jpg
それでも大きい。


さて、再度ミレニアムブリッジを渡り、元の道を進みます。
どんどん歩いていくと、川沿いの道は途中で終わり、川から離れた道に。


06013003.jpg
Financial Timesの本社?


06013004.jpg
裏道っぽい雰囲気
でもバスが通る道

また川を渡りました。

たどり着いた場所は地下鉄のBank駅とMonument駅がある所。

06013005.jpg
スゴイ偶然のように見えるが、、
いつもこのくらいの頻度で走っている。


06013006.jpg
きっとこれがMonument


06013007.jpg
中央のポールにある「Make Britain Proud」というのは
オリンピックに立候補しているときの合い言葉


自分がどこにいるのかも分からず歩いていると、、、

06013008.jpg
銅像と立派な建物が

ANNO ELIZABETHAE R XIII CONDITVE ANNO VICTRLAE R VIII RESTAVRATVM
と書いてある。ANNOはスペイン語でyearだが、RやCONDITVEは読めない。
ラテン語かな?
きっとここがBank of Englandなんだろうと思う。

そして、、

06013009.jpg
変な建物が見えてきた。。
posted by shinr at 22:27| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ロンドン散策〜まだまだ歩く

テムズ川沿いの北側を歩きました。
途中、Embankmentの駅まで来たところでちょうど渡りやすい橋が。

EmbankmentBridge0601.JPG

このテムズ川沿いは美術館がたくさん、TateBritainから始まってCountryHall、TateModernなどの有名どころ、他には名作映画を上映しているところ、そして歴史的建造物まで楽しみ放題。
歩いていたときは見る元気がなかったものの、また見てやるぞと歩いていました。


Thames060102.jpg
電灯


Thames060103.jpg
ずっと続く


Thames060104.jpg
ずっと、続く


Thames060105.jpg
拡大するとちょっと怖い


BlackfriarsBridge.JPG
Brackfrairs Bridge


MilleniumBridge060101.JPG
Millenium Bridge
posted by shinr at 23:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

London散策

日曜日になってふと気が付きました。

観光していないことを。

そういう訳で、この日はロンドンの街を歩いて散策。

まずは国会議事堂と時計塔

Palace-of-Westminster.jpg
Westminster Bridgeは工事中


そして、なんとなくロンドンぽいイメージの場所がこれ

thames-liverside.jpg
ホームズっぽいと感じた



新しいロンドンの名所「BA London Eye」

BAlondoneye.jpg
大きい



時計塔と観光バス

Clock-towe01.jpg
寒そう



時計塔と路線バス

Clock-towe02.jpg
このバス、今はもう退役


この頃はずっとこの時計塔がビッグベンだと思っていました。
実は、違うのです。。。

posted by shinr at 00:58| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

写真を撮る余裕もなかった日々

2004年12月7日(火)から11日(土)

この5日間、写真を全く撮りませんでした。
クラスに慣れるのもホームステイの生活になれるのにも必死で
どうやらいっぱいいっぱいになっていたようです。
ただ、日記だけはしっかり書いていて
以下抜粋。。今回写真ヌキです。

■7日(火)
超常現象について授業。。
このクラスの担任は昨日の先生ではなくてクリス。
ペアになっスペイン人のおばさんとめちゃくちゃ盛り上がる。
スペイン語がひょんな所で役に立った。
中二階のカフェでクルートというサウジアラビアの女性と会話。
名前だけ聞いても男か女か分からないのが新鮮。

晩ご飯はチキンとフランスのお米。
今日も美味しかった。

■8日(水)
この日から一番上の階にある教室で授業。
上るのがしんどい。。。

昨日の晩、夢を見た。
山を登っていて足がつるくらいしんどくて。
カミーノで歩いていたよりも全然調子悪い、、というところで起きる話。

授業は関係代名詞と感情を表す言葉。
ペアになったロシア人の女性はとてもmoody(気難しい)だ。
高圧的で、話すのがしんどかった。

家に帰るとウィルが数学の勉強をしていた。
日本語のテキストよりも、英語のテキストの方が楽しそうに見えるのが不思議。
ウィルは12歳らしい。
その割には難しいことをしている。

この日の夕食はあさりのスパゲティ。
カズが気を遣ってくれているのがうれしいような心苦しいような。。。

■9日(木)
今日は前置詞。
小テストみたいなのをしたけど、さっぱりだった。

休憩中にクラスの日本人ミオ(ミヨの間違い。後で分かる。)に話しかけられる。
久しぶりの日本語が心地よい。

授業後、本屋へ。
すごく古い本屋で雰囲気がいい。
ハウルの原作を購入。

その後靴下を買いたくて
Regent Streetに行こうとするも90度ずれた通りに出たり、迷う。
なんとか出られたけど、結局どこの店も高くて買えずじまい。
最後はユニクロで購入2ポンド。高い。。

夕食はごはん挽肉チーズを小麦系の生地で包んだもの。
安心して家に帰れる。

■10日(金)
クリスによるとTubeが止まったらしい。
おかげでバスも大混雑。
と、いうことで徒歩の僕が一番乗り。
Tubeはロンドンの地下鉄。
車内が狭いおかげで乗車人数はあまり多くなさそう。
だから多頻度運行をしているみたいだけどそのせいで一本遅れ出すと元には戻らないらしい。。

授業は犯罪について。色んな種類の犯罪を学習。
すぐに小テストをする。
6門中2問正解。。アカンやん。

夕食はピザ。
カズはお出かけらしく、とてもウキウキしていた。

■11日(土)
カズのお腹には赤ちゃんがいる。
生まれたらイギリス人と日本人のハーフだ。

ロンドンに住むなら日本語はいらないよねって言ったら
マークが
「カズの家族は英語を話せないから
家族との接点を保つためにも少しは日本語を勉強させるよ」
と。
そして
「親を教育するより、子供を教育した方が楽だし」
確かにそうだ。

来週からブラジル人が隣の部屋に来るらしい。
ただ、たいていのブラジル人は強制送還されるから来ないかもって。
日本人に生まれて良かったと常々思える今日この頃・・・
posted by shinr at 00:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

帰宅夕食睡眠

帰る前にSocial Program
このイベントは先生達が色々企画をしてくれるもの。
この日はビデオ鑑賞でした。

見た映画はハリーポッターの三作目。
初め、なぜかアラビア語の字幕が出ていてびっくり。
先生は途中から英語の字幕に変えてくれました。
それでも、何を言っているのかさっぱり。。。
映像でなんとなくストーリーはつかめるものの、自分の英語力のなさに再度がっかりでした。


帰宅後、夕食は白身魚ににんにくのソースがかかった料理。
とても美味しくて日記にも
「毎日の晩ご飯がたのしみ」
と。
満腹で幸せでした。


jony01.jpg
うさぎのジョニー
posted by shinr at 00:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス超短期留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。